高齢者の勃起

人は誰でも高齢になると、体の様々な器官が衰えてきます。
高血圧や腰痛、糖尿病、動脈硬化などの病気になるリスクも増えてきます。このため、高齢者はどうしてもEDになりやすい傾向にあることは事実です。
しかし、病気が治療可能であるように、EDも治療が可能な病気の1つです。
男性は80歳になっても性交渉が出来ますし、子供を作ることだって可能だと言われています。
年だからと言ってあきらめたりしないで、前向きにED治療に取り組んでいきたいものです。
あと、お酒を飲むと勃起しにくいと言われますが、気持ちがリラックスしてきたり、楽しくなったりすることがありますので、飲酒には酸化ストレスを軽減する効果があります。
これはお酒を飲むことによってアルコールデヒドロゲナーゼという酵素が活性化してくれるのが理由です。
この酵素は活性酸素を消去してくれるので、酸化ストレスを軽減してくれるんです。
適量の飲酒が体にも良いとされているのは、このアルコールデヒドロゲナーゼという成分の働きが理由だったりします。
活性酸素には神経や血管を損傷する作用があります。お酒はこの活性酸素を消去してくれるので、EDの原因を取り除く役割があるのです。しかし、勃起を促す為に適量のお酒を飲酒するのが嫌な場合はバイアグラ 通販を利用するのも一つの手だと思います。

2013年5月2日

このページの先頭へ